中古品の活用|厨房機器の高価買取から利用法

厨房

業者選びが重要

女性

もう使うことのない厨房機器を買取ってもらう際、選択肢は3つほどあります。1つは、なんでも扱うリサイクルショップに持っていくことです。これは基本的に査定が優しく、不要品回収業者に依頼すればある程度メンテナンスが甘くても買取ってもらえます。しかし、その分買取価格は安くなってしまうため、高価買取は狙えません。もし、高価買取を狙うのなら、残りの2つの方法を行うことになります。
2つ目の方法は、知り合いに売るという方法です。もし友人や知り合いが料理店をはじめるか、ちょうどキッチン用具が壊れた時は、もう使わない厨房機器を引き取ってもらうという手段があります。この方法は買取店に売るよりも高価買取のチャンスが生まれやすいですが、そもそも厨房機器を必要としている友人や知り合いがいなければ話が成立しないため、確実な手段とはいえません。そのため、3つ目の手段である「専門店で査定を受ける」という方法が最も確実に高価買取を狙うことができます。
専門店の査定は前2つの方法よりも厳しく、状態が悪い場合は査定額が下がりやすい傾向にあります。しかし、その分綺麗に扱い、良い状態で査定に出した厨房機器は、査定額が高くなる傾向があります。そのため、きちんとしたメンテナンスを行い、綺麗に掃除をしている場合、専門店に持っていき、査定してもらったほうが高価買取のチャンスが多いです。また、一つの業者ではなく、複数の専門店で査定を出せば、より高く売却するチャンスも多くなります。